鮮度にも注目をしておく

水を飲む人

スティックタイプも人気

一口に水素水といっても、実は複数の種類があってそれぞれで特徴と効果が異なってきます。この中でもいくつかの理由で人気が高い種類が、スティックタイプの水素水です。最も手軽に扱える水素水として知られるのがスティックタイプです。このタイプの特色は小型のパウチに粉末として封入されているので持ち運びも楽に行なえるという点です。職場やカフェ、旅行先などでも手軽に水素水を飲めるのは多くの人にとって魅力です。またもう1つ、スティックタイプの水素水が人気の理由として、いつでも水に溶かすだけで飲めるという手軽さがあります。アルミパウチタイプやサーバータイプのように重たくないので、水さえあればその場で水素水が作れてしまうのは、愛用者の利便性にも適っています。

含有量には十分注意する

タレントなどの有名人の間でもブームになるなど、水素水は多くの人が現在愛飲しています。しかし中にはこの人気に便乗して粗悪な水素水を流通させているメーカーもあるので要注意です。水素は目に見えないですから、含有量を確認するのも難しい点があります。これを利用して水素含有量が極端に低い商品が一部に出回っています。通常水素水は0.08ppm以下のものは水という扱いです。そのため最低限、0.08ppm以上の水素含有量の商品を買った方が無難です。また水素は時間が経つと抜けやすい、という点にも注意すべきです。製造から時間が経っていると、その分だけ水素が抜けている可能性が高くなります。そのため鮮度に常に注意をして水素水を選ぶことは特に重要です。