鮮度にも注目をしておく

水を飲む人

最近の水素水の人気はスティックタイプです。持ち運びがしやすいため旅行先でも使え、水さえあれば作れるためです。水素水に関する注意として、粗悪な商品は極力避けるようにし、鮮度にも気をつけておくことが大切です。

3つの栄養素とは

夫婦

青汁にはビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれています。ミネラルとビタミンは日本人が不足しがちなものなので、青汁を飲むだけで解消できるのは嬉しいことです。しかも、便秘解消や肝機能の向上にも役立ってくれます。

だるさを解消したい

笑顔のレディ

疲れやすい人には

若い頃には感じなかった疲労が、年をとるごとに疲れを感じる、だるさが取れない、体が重いと感じるようになります。倦怠感は運動や一日活動した後でも起こります。そうした倦怠感は一日ゆっくり休息したり睡眠をとることで疲労回復するものですが、体を動かしたわけではないのに慢性的に疲れているという場合は注意が必要です。疲労の原因は、体を動かしたことによるものの他に、栄養やエネルギーの不足、精神的ストレスによるものなど、心身にわたって原因があることが考えられます。睡眠や休息をとってもなお疲労回復しないという場合は、別な原因があったり、重要な病気が隠れていたりすることもあり、ただの疲労や倦怠感だからと軽視すると危険な場合があります。

食事や生活習慣改善を

疲労回復に効果があるのは睡眠や体を休める休息です。体を酷使したり、寝不足が続くと疲労が蓄積しやすくなります。質のよい睡眠をとることで体が休まり、脳の疲労回復にもなります。規則正しい生活習慣を見直しましょう。体を動かしすぎることによる疲労ではない場合は、適度に運動をすることでストレス解消などにもつながり、よい睡眠にもつながりますので効果的です。また高カロリーや高脂質の食事を多くとっている人は高血圧などを引きおこし慢性的に疲労を感じることがあります。バランスの良い食事を心がけましょう。疲労回復に効果のあるサプリなどを取ることも効果があります。ビタミンB1やクエン酸、オルニチンなどの成分が入ったサプリメントなどを服用してみましょう。

長寿遺伝子のサプリ

栄養補助食品

レスベラトロールはサーチュインという長寿遺伝子を活性化してくれる働きがあります。摂取方法としては、サプリメントがおすすめです。抽出方法や添加物などにも注目して選ぶようにしましょう。認知症や生活習慣病の改善効果を発揮してくれます。